脳神経外科ってどんなところ?

普段あまり聞きなれない脳神経外科では、MRIなどの大型医療機器を備え、脳の重大事態に備えた診察が可能です。
(例:脳梗塞・脳卒中・クモ膜下出血・脳腫瘍など)

実は気にはなっていたけど放っておいた症状、例えば片頭痛やめまい、物忘れやしびれなどの症状は全て脳のシグナルです。意外と多いてんかん治療も当院で行っております。

万一の脳の重大事態に備えても通えるのが、きし脳神経外科リハビリクリニックです。

また脳梗塞や事故の後遺症によるリハビリテーションや、腰痛から脊椎疾患(ヘルニア等)、私たちは皆様のホームドクターとなれるよう医療チーム一丸で努めております。

先端医療機器(MRI・超音波エコー)の
導入で精密検査に対応

当院では1.5テスラMRIを導入しております。これにより脳や脊椎,四肢,子宮・卵巣・前立腺といった骨盤内の病変検出能力で本格的な精密診断を可能にしています。また、超音波エコーは血管内の異常を発見することが可能です。これらの機材を導入し、皆様へは妥協のない真摯な姿勢で診療に務めます。

MRIや超音波エコーによる診断は
脳の重大事態の早期発見に繋がります

脳梗塞、クモ膜下出血等の症状を事前に予見することで、カラダの危険を知ることができます。頭痛・めまい・物忘れ・神経系のしびれ等の原因が特定しづらい症状がある方はお早めに診察を受けることをオススメいたします。

原因が特定しづらい症状
(頭痛・めまい・物忘れ・しびれ)に
お悩みの方はお早めの受診を

上記のような原因がはっきりしない症状には、脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血、脳腫瘍、水頭症などの危険があります。当院ではMRIや超音波エコーをはじめとする先端医療機器で診断をし、皆様の健康な生活をサポートいたします。

もちろん一般的な体調不良も対応しております

普段は風邪の諸症状などの通常の診察でも、”ちょっとした頭痛やめまい”などのお悩みをいち早く相談していただくことで、脳梗塞等の重大事態を回避することが出来るかもしれませんので、お気軽にクリニックへお越しください。

当院では万一の脳の重大事態にも対応している為、
皆様の日常的な健康サポートに務めております。

リハビリテーションルーム完備で
各専門家の治療を受けられます 

当院は理学療法士・柔道整復師といった各専門家による治療が受けられます。脳梗塞や事故の後遺症をはじめ、脊椎疾患(ヘルニア等)の治療、温熱療法などを行なっております。

機能訓練だけではなく、肩こりや腰痛、関節痛など症状に合わせてマッサージ治療も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

院内はバリアフリー設計で
土足でお入りいただけます

院内はバリアフリー設計ですので、車椅子の方やベビーカーを押す方も来院しやすくなっております。
また靴の脱ぎ履きも不要で、土足のままお入りいただけます。